甲虫、爬虫類を中心に生物観察をぼつぼつと


by yasuimoebi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

オサムシ
フン虫
甲虫
トカゲ
コロンビアニジボア
コーンスネーク
パプアンカーペットパイソン
カメ
トカゲ
フィールド
家族

以前の記事

2014年 01月
2013年 09月
2013年 07月
more...

メモ帳

お気に入りブログ

生きもの写真家安田守の自...
まぁくんのオサムシ
宇治虫
こぶ屋日記
虫の棲む星
些昆虫記
つやまぐ探虫記
タイヤキの虫ブログ
るど公園...

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

愛知県のマイマイカブリ

d0022918_161356.jpg

形的には応募したことになるんですが、今年は人生初の転勤ということになりました。
明後日からは東京で2カ月。その後は北九州に3年。
しばらく愛知県で虫採りもできなくなるので、木曽川河川敷に行ってきました。
なんだか餞別のように一頭のマイマイカブリに出会って、終了。
九州に行ったら何が採れるのか。当分普通種で楽しめるかな〜
d0022918_1613568.jpg

[PR]
# by yasuimoebi | 2014-01-04 15:49

新入りさん

 昨日はナゴレプに行ってきた。本当は土曜日に行きたかったのだけれど、都合で日曜日に。想像以上に人が多くて酔いそうになった。
 会場は去年よりもイベントスペース分広くなっているはずなのに、通路はむしろ狭く感じるほどでなんだか全然余裕なし。とにかくお目当てのハイナントカゲモドキとイベントによくある破格値の生き物がないかをウロウロと物色。ハイナンはさっぱり人気がないのか、2か所でしか見つけられず。なんとなくいい感じだった爬虫類倶楽部で購入。
d0022918_21421135.jpg

 このクネクネ具合が怪しくていいんだな。クロイワトカゲモドキにも似ているし。この仲間では飼いやすい種になるらしいけど、きっと明るいうちに見ることはないだろうと予想できる。
 プラケに入れて一晩たって落ち着いたみたいなので、さきほど餌をやってみたらシェルターから出てきて食べた。これは案外と大丈夫かも。
 クレステッドゲッコウがずいぶん安くなっていたり、ヤシヤモリやトッケイの安さにも惹かれたが、大きめの壁チョロを飼うスペースがないのであきらめた。
 代わりに目に付いてしまったのが、ミシシッピドロガメ。
d0022918_21454455.jpg

 黒っぽいのとこの明るい色のがいたが、この個体は多甲板で格安だったのでついつい手を出してしまった。とりあえずプラケに入れてあるが、いきなり配合飼料をバクつくいいやつであった。
 
 別にナゴレプを機に生き物を増やそうと思っているわけでもないのだけれど、普段とは違うお店のラインナップを見てしまうと、どうしても欲しくなってしまうのですね。。。
[PR]
# by yasuimoebi | 2013-09-30 21:47 | トカゲ

土曜の採集その2

 さてマンガを読みつつ夕暮れを待つ。麓の温泉に行こうかとも思ったが面倒なので、誰もいないことをいいことに沢水で体をふく。日が傾くにつれて天気も悪くなり、遠くの方で雷鳴らしきものも聞こえる。せめて10時くらいまで持ってくれるといいのだが。先ほどまで誰もいなかったが、1台の車が上がってきた。ここでテント泊するらしい夫婦。珍しい人たちもいるものだ。
 7時20分ごろに点灯。すぐ近くのピークはすでにガスに覆われている。ここも時間の問題かも。
d0022918_21415320.jpg

 最初は静かな立ち上がりで、8時くらいになって1頭のクワガタが飛来。この時間帯はまださほど虫も集まっておらず、今日も淡々と過ぎていくのかと思っていた。
 8時半ごろになって、蛾の飛ぶ数が増えてきた。しかしどうもほぼ1種類。なんか変だ。
d0022918_21444069.jpg

 どうやらマイマイガが一斉に発生しているらしい。そういえば今年は各地でマイマイガの幼虫が多いという話だった。蛾が目当てではないので、そのまま放置しているとさらに増え続けるマイマイガ。。。
d0022918_21455515.jpg

 だんだん大変なことになってきた。裏にもすでに同数ついている。ところが、これで終わりではなかったのだ。この後も増え続けるマイマイガ。あたりはすでに霧が出ていて、甲虫には最悪の条件。風も出てきた。それでもやまない蛾の襲来。他の蛾もいくつかは飛んできているし、甲虫もいるのだがもう幕に近寄れない。風で倒れたのを機に、一気に幕を片づけたがライトには数百とも思えるガ、ガ、蛾・・・。しかも近寄ると足元から登ってきて、服の中に入ろうとするのだ。なんなんだ、この虫。油断すると足に産卵しているし・・・。
 どうやって撤収しようかと絶望的な気分になっていた9時過ぎ、ついにポツポツと雨が。ザーッと降って止んだタイミングで一気に撤収。当然ながらすべて排除はできず、車の中にもマイマイガ。こんな場所にはいたくないので、次の日に備えて移動することにしたのだった。
[PR]
# by yasuimoebi | 2013-07-30 21:50 | フィールド

土曜日の採集

 今年も一宮七夕の週末がやってきた。毎年この週末は、義姉様のところに家族を残して一人でどっぷりと採集することになっている。去年はいろいろ事情があって、だめだったが今年はOK。ただ今年はテーマがないのよね・・・。
 とりあえず昼から西濃を目指す。前から気になっていた土場を見に行ってみようと思ったのだ。揖斐川の対岸から見る土場は、いい感じに見えたのだが・・・。行ってみたらけっこう立派な建物が手前にあり、なんだか気軽に入れる雰囲気じゃない。たまたま飛んでいたクロナガタマムシをキャッチして、建物の前で一服している人たちに声をかけた。そして即答で「無理やな」。今日の予定、終了~ww。

 土場に行ってだらだらと風呂でも行ってどっかでナイターなんて目論見はあっさりつぶれ、ふらふらととにかく山の方に車を走らせる。ずいぶん時間もあるし、久しぶりのK峠に行ってみることにした。
 K峠への道は何の問題もなく、普通に到着。落ちたら死ぬ国道のほうがよっぽろ怖い。峠には登山者の車がけっこう停まっている。この人たちが帰る時間よりもちょっと早くてラッキーだったようだ。
 ふと思い出してみると、夏のここに昼間きたのは初めて。ノリウツギが満開なので、ここは花を見るのがよさそう。ちょっと登山道に入ったら、目の前に大型のカミキリ。
d0022918_21434974.jpg

 アオカミキリを花から手づかみってけっこうステキ。これはいい感じと思ったが、時間のせいか時期のせいか他にはオオトラフハナムグリくらいであんまりいい虫がいない。やたらとアオハナムグリばかりいるのもなんだかやる気をなくす。ヨツスジハナカミキリに至っては・・・。
d0022918_21455371.jpg

 チャボヒゲナガカミキリはどっちでもいいけど、たまたまこんな画像が撮れたので。
d0022918_21463647.jpg

 空にはこんなやつ。クルクル回って遊んでいるようだった。なんだかわかんないね。
 時間があるので反対側のブナ林も見に行ってみるが、特に成果なし。山に登ってもしょうがないので、もと来た道を戻る。下り始めたら、行きには見えなかった怪しいシルエット。
d0022918_2150341.jpg

 クワガタ発見。逆光でよくわからないが、おそらくヒメオオ。慎重に手づかみ。
d0022918_21504450.jpg

 かっこええわ~。久しぶりのヒメオオクワガタの完品♂。やったね。
 これによろこんで歩き出すと、足元に怪しいものがいる。
d0022918_21514451.jpg

 マヤサンコブヤハズまで採れちゃった。もう秋が近いのかな。そして大きな甲虫が不恰好に飛んでいるのを叩き落とす。ミヤマクワガタの♀だった。ガッカリ。
d0022918_21523160.jpg

 まあ数は採れなかったけど、これは自分的には悪くない結果じゃないですかね。というわけで、日が暮れるまで休憩。この後に悪夢が待っているとは思いもよらなかったのだが…。
[PR]
# by yasuimoebi | 2013-07-29 21:53 | フィールド

暑いです

 先週あたりからやたらと暑くなって、すっかり夏気分なんだけどまだ6月半ばなんだね…。
 土曜日に雨が降って、日曜がやたらと好天なのでこれは虫採りに行くしかないんじゃないの?って思ったんだけど、嫁様はお友達とお出かけ…。父の日は子供と遊ぶ日になってしまった。
 だが、そこはうちの娘たち。あまりの暑さに水遊びがしたいというので、ならばとT市の川に。安全な水たまりで遊んでもらって、その隙にタマムシを採っちゃおうという作戦である。
 現地に着いて、とりあえず子供が落ち着く場所を探す。ちょうどいい感じの場所があったので、しばらく動くなと言って、採集に。何かが飛んでいる気配はないが…。
 次の瞬間、ネットに反応した何かがぐるぐる回って飛んできた。おおっ、いきなりゲットである。
d0022918_20412919.jpg
 なるほど、緑色のネットの効果は絶大なようだ。
 次の一頭も茂みの中から飛び出してきた。これはネットを立てかけておけば採れるんじゃないかと。いったん放置して子どもの様子を見に行ったが、これは失敗。しばらく子供と遊ぶことに。ネットに何かがついていると長女が言うので見てみたが、キリギリスであった…。
 その後、もう一頭を追加するが、飽きた子供たちがウロウロしはじめたので気が気ではなくなり、終了。

 移動してアイスタイムの後は、ちょこっと土場に。すでに3時近いので、タマムシはほとんどいなくなっており、クビアカトラとキイロトラばかりがちょこちょこ歩いている。
d0022918_20461563.jpg
カミキリはこういうシルエットのやつが好き。
 適当にやめようとするが、なんだか見たことのある黒い虫。
d0022918_20461780.jpg
チビクワガタだ。前回は逃げられたが、今回はちゃんと採集。

 というわけで終了。去年の父の日と同じようなものを採っているけど、まあいいか。
[PR]
# by yasuimoebi | 2013-06-17 20:48 | 甲虫

採らぬコルリの翅?算用

 近頃仕事に少々煮詰まっているのである。なんというかちょっと精神的につらいのだ。こんな時は、いつもと違う環境でいつもと違う虫をサクッと採ってストレス解消しよう…と思い立ち、6月に入ってやや遅めのコルリ新芽採集に参戦したのである。
 そもそもは6/1のこと。H村にてサクッと採ろうと思い立ち、前夜から出発。朝7時過ぎにフィールドに立ち思い出した。コルリってもうちょっと後じゃないと飛ばない…。
d0022918_21271211.jpg
 1時間半ほどウロウロしてようやく採集。その後もポツポツと採るが、やや時期が遅かった模様。何を考えていたのか転戦もせずに帰ってきてしまい、名古屋に着いてからものすごく後悔する始末。
 後悔先に立たずとはいうものの、あまりにも納得がいかないので、1週間後に再挑戦。さすがに遅いので信越国境を目指す。ここで濡れ手の粟的採集で、青いコルリを採りまくるのだー。なんて行く前は思っていた。

 着いたら…
d0022918_2130535.jpg
雪多すぎ、天気悪すぎ、気温低すぎ…。採れる気がしない・・・。
d0022918_21314718.jpg
新芽で凍りつくコルリクワガタの♀。放置して後でと思っていたら、誰かに採られた模様。この悪天候でも採集者はそれなりにいるようだ。
 全然ダメなのでさまよっていたら、他の採集者と会う。採れませんねーと情報交換。ここで気付いた。クワガタしか採集しない人と久しぶりに会うということに。なんと話の合わないことよ…。
d0022918_21335398.jpg
粘ってなんとか2ペアを確保。この青をもっと見たかったのだが、これ以上いてもダメな気がしたので移動することにした。この時点で、大量のコルリを持って名昆例会に凱旋という計画が水泡に帰したのは言うまでもあるまい。
 一度山を下って、もう一度登る。こちら側はあまり雪がなく、やや遅い感じ。そして当然のごとく寒い。いい感じの新芽はあるのだが。
d0022918_2135197.jpg
なんとか3頭ほど採る。こっちのはやや緑っぽいが、やっぱりきれいだ。
 進むにつれて普通の新緑になってきてしまった。もうコルリはあきらめよう。その代わりといってはなんだが、時間帯のせいなのか道路を歩いている茶色い物体がやたらと目に付くようになった。
d0022918_21364267.jpg
コブヤハズカミキリ。いわゆるタダコブ。でも真面目に採ったことなどないので、うれしい獲物。帰りがてらこれが採れればいいやと、ゆっくりと車で流す。結局17頭を採集。コルリのショックはどこへやら、すっかり気分を持ち直す。これ、秋に叩いたら楽しいだろうなーと思うが、きっと来ないだろう(笑)。
 結局濡れ手に粟はタダコブだったわけだが、ストレスは解消された。コルリはまた来年だな。
[PR]
# by yasuimoebi | 2013-06-10 21:41 | 甲虫

恒例の土場にタマムシの状況を見に

 わかる人にはわかるT市の土場。里山で採れるカミキリムシやタマムシをお手軽に採れるいい場所である。5月も終わりに近いので、そろそろどんな感じか確認に出かけてきました。
 ですが、とりあえず家族を連れて公園に。お昼を食べた後にちょこっと採集。まずは公園内のご神木。
d0022918_21384533.jpg

d0022918_21385940.jpg

 アオマダラさんは今年もご健在の様子です。ちょっと発生木としては終わりかけな気もしますが。
 そして土場へ。
d0022918_21403388.jpg

 昨年よりはちょっと減っていますね。でも今年は赤松がけっこうあるので、次回が楽しみかも。
 早速見回り。針葉樹と広葉樹でざっくり別れています。針葉樹側はヒメスギカミキリがポツポツ。広葉樹の方はクビアカトラ、キイロトラ、ホタルカミキリのいつもの奴らがうじゃうじゃ。
d0022918_21452962.jpg
おや、なんだか大きくて恰好いい奴がいますよ。
d0022918_2143850.jpg

 クリストフコトラ。実は初採集なんです。いいカミキリだー。そして
d0022918_21434063.jpg

 出ました、オオムツボシ。残念ながらピンボケ…。
d0022918_21451381.jpg

 ここいらの平地で見るキスジトラってなんだかでかい。
 タマムシは他にクロナガ、トガリカラカネ、青っぽくて小さいナガタマムシなど。トガリカラカネは採るのに難儀して、1頭だけというトホホな成果。
 今一つ成果があがらないので、もう一か所に。そこにはライダー姿のまま素手で採集する虫屋さん。初めて会うが、カミキリを採っているとのこと。とりあえずミ・サをご案内。今度メールを出しておかなくちゃ。来てくれるかな。
 ここではクロホシタマムシを1頭。もう出ているようだ。出会ったカミキリ屋さんもオオムツとクロホシは採集されていた。
d0022918_21521314.jpg

 ここ数日雨が降っていないので、土場も乾燥気味でもうちょっとなのかな?これから梅雨明けまでが楽しそう。また行かないとね。
[PR]
# by yasuimoebi | 2013-05-26 21:53 | 甲虫

木曽川右岸のオサムシ PT編

 オサ掘りでは中途半端な結果に終わった木曽川右岸のミカワオサムシ採集。連休を利用してPTを仕掛けてきました。場所は笠松町と各務原市。
 真面目にかけた笠松ではそこそこの成果。
d0022918_18201872.jpg

 穴を掘っている時に大きなカタツムリがいたので色気もでたけれど、入っていたのはミカワオサとゴミムシたち。ミカワ狙いなんでいいんですけどね・・・
[PR]
# by yasuimoebi | 2013-04-29 18:22 | オサムシ

木曽川右岸のオサムシ ~各務原市~

 急に暖かくなったが、まだオサ掘りのシーズンだろうということで引き続き木曽川右岸の課題をやっつけようと、昨日行ってきた。
 最初に入った笠松の河川敷は、ルイスオオゴミしか出ずにあきらめた。気温も高く、テングチョウがたくさん飛んでいた。ここはGWにトラップで再挑戦することにしよう。
 というわけで各務原に移動。河川敷によさげな場所がなく、小高い丘を攻めるとなんとか1ペア。
d0022918_2172162.jpg

 だが後が続かない。ここも再挑戦だな。
 さらに移動。もうちょっと環境のよさそうな丘。ここでようやくヒット。
d0022918_2184753.jpg

 あんまり採集しないほうがよさそうな場所だったので、ほどほどで切り上げる。
 ここのオサムシを先ほど確認。予想通りミノオサムシのようだ。ほっと一安心。やはり怪しいのは各務原の前渡あたりからのようだ。とりあえず掘りは終了。あとはトラップで確認するとしよう。
[PR]
# by yasuimoebi | 2013-03-18 21:11 | オサムシ

久しぶりに採集です

 会社の人にオサムシの話をしているうちに、気になっていたのに放置していた木曽川右岸のオサムシをもう一度やってみようという気になっていた。ただどうにも寒くてやる気がおきず、ついに3月。暖かくなったらPTもありだが、以前ボーズをくらった場所でなんとか掘り出してみたくなり、昨日行ってきた。
 以前やった場所より200mほど北側。ほぼ環境は同じで、崖を掘るというのは無理な感じ。狙いは倒木の上にたまった土と落ち葉。またはズブズブの朽木。クワガタの材割あとが目立つ。しかし、どれを見ても何を狙って割ったのかよくわからないような跡は、派手な材割に共通しているような気がする。
 堤防に近い方はさっぱりだったが、川が近くなってくるといい感じの場所も目に付き始めた。いい感じでゴミの乗っている朽木を何気なく叩いたら、目指すオサムシがばらばらになっていた。軽率な自分に落ち込む。気を取り直して慎重に掘るが、もう残ってはいなかった。
 しょうがないので朽木狙い。かなりぼろぼろの材を割ったら、黒いものがぽろり。おお、コカブトだ。
d0022918_2015118.jpg

いい感じで朽ちているので、マイマイカブリでも出るかと思ったが、こんな虫だけだった。
d0022918_20154914.jpg

 なんとなく朽木はだめっぽいので、最初に出たのと同じような場所を探す。しばらく歩いたら、あった。今度は慎重に落ち葉をどける。と、出た。
d0022918_20181542.jpg

 だが、♀だ。やはり♂を採らないといけない。ここから苦戦が始まる。朽木、ゴミだまり、洞、笹林のギャップなどを掘るが、ゴミムシが出る程度。4時近くなって、日が傾き始めてあきらめモード。だったのだが、嫁様から連絡が入り、どうやらもう少しやっていても大丈夫そうだ。最後の望みをかけて再挑戦。
 よさげなヤナギの洞があったので、掘ってみるがダメ。その隣の倒木の上に草が生えていて、これはいいかもと思って、材ごと割ってみる。すると黒いもの。この腹部はオサムシに違いない。
d0022918_20215370.jpg

 ようやく♂を採集。この後もう1♂。コカブトも追加できた。
 久しぶりのオサ掘りで体が随分疲れたが、最低限の結果は出せた感じ。暖かくなったら笠松や各務原にPTをかけに行こうと思っている。
[PR]
# by yasuimoebi | 2013-03-04 20:23 | オサムシ