甲虫、爬虫類を中心に生物観察をぼつぼつと


by yasuimoebi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

オサムシ
フン虫
甲虫
トカゲ
コロンビアニジボア
コーンスネーク
パプアンカーペットパイソン
カメ
トカゲ
フィールド
家族

以前の記事

2014年 01月
2013年 09月
2013年 07月
more...

メモ帳

フォロー中のブログ

生きもの写真家安田守の自...
まぁくんのオサムシ
宇治虫
こぶ屋日記
虫の棲む星
些昆虫記
つやまぐ探虫記
タイヤキの虫ブログ
るど公園...

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

例年とは違う7月最終週末

 7月の最終週末は一宮七夕祭りがあって、ここ数年は家族を一宮の義姉の家に預けて自分は涼しいところで虫捕りというのが定番であった。ところが今年はいろいろあって、預けることはできず、ただの暑い夏休みの休日に。
 土曜の夜は名古屋市戸田川緑地で、名古屋環境大学の昆虫観察会の手伝いをしてほしいといわれて出動。平地のナイターは新鮮だったが、やっぱり暑いし虫は少ないしで、なかなかつらいものがあった。
 そして今日の日曜日。会社のSさんの息子さんたちがどうしてもカブトムシやクワガタを採りたいというので、日進市のポイントにご案内。羊さんに教えていただいたお手軽樹液ポイントへ。

 夏休みの日曜なので、早朝とはいえもしかして近所の人が採りに来ていないかとも思ったが、現地についたらそういう気配はなく一安心。近づくとカナブンが飛び回っているのが見える。そしてカナブンの中心でどっしりと樹液をなめているカブトムシ。しかもけっこう沢山いる。足場も悪くないので、勝手に採ってもらって自分はうろうろ。
d0022918_21173348.jpg

 しかし今日は朝から暑かった。そして樹液はカブトムシばかりであった。樹皮の下にコクワガタが見えたが、がんばって採るほどのものではなし。スジクワでもいたら報告してほしいとのことだったけれど、ちょっと無理っぽいかんじ。もう少し涼しくなってからのほうがいいのかも。でも多分もう行きませんがww

 家に帰ってひと眠りした後は家族を一宮に送っていく。しばらく勝手にしていていいと言われたので、そのまま養老方面に車を走らせる。時間的に山には行けないし、暑いからタマムシくらいしか動いていないだろうと思ったので。
 枯れた川沿いにはエノキがたくさんあって、はるか木の上でヤマトタマムシが飛んでいるのが見える。何度かネットで追い回すが、全く採れず。あんなに大きいのに瞬間的な速さはそうとうなものらしく、自分の長竿さばきでは手におえないということが判明。
 もの凄く大量の汗をかき、あきらめようかと思ったが近くに建設会社の廃材置き場があるのを発見。伐採されたエノキが積まれているので見に行ったら、いました。
d0022918_21231065.jpg

 結局この一頭のみ。飛んでいるのはたくさんいるのに、全く採れないとは情けない。これに入れ込むのもどうかと思うが、来年はもう少し長い竿を導入しようとひそかに決めました・・・。
[PR]
by yasuimoebi | 2012-07-29 21:25 | フィールド