甲虫、爬虫類を中心に生物観察をぼつぼつと


by yasuimoebi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

オサムシ
フン虫
甲虫
トカゲ
コロンビアニジボア
コーンスネーク
パプアンカーペットパイソン
カメ
トカゲ
フィールド
家族

以前の記事

2014年 01月
2013年 09月
2013年 07月
more...

メモ帳

フォロー中のブログ

生きもの写真家安田守の自...
まぁくんのオサムシ
宇治虫
こぶ屋日記
虫の棲む星
些昆虫記
つやまぐ探虫記
タイヤキの虫ブログ
るど公園...

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:フン虫( 10 )

秋の牧場

d0022918_20544589.jpg

今日は今年3回目の牧場に。何とか秋のベストシーズンに間に合った模様
d0022918_20551237.jpg

黄色いのとか四つ星のあるやつとか角のあるやつとか。
雨が降ってきたので1時間程度だったが、それなりに満足。

d0022918_2055124.jpg

ヤギは柵の中に入れられていた。もう暑くないからだろうか。
[PR]
by yasuimoebi | 2011-10-30 20:57 | フン虫

ミツノエンマその後

9月も半ばとなり、ずいぶん涼しくなったので河川敷の魚肉トラップをもう一度。
今回はちょこっと採れました。
d0022918_18175073.jpg

羊さんに聞いたちょっと前の話ですと、トラップを仕掛けたその日のうちにウジャウジャ集まったらしいですが、数が少なくなった今は、掛けた2日後くらいでベイトが腐って臭う状態になってから来るようです。
今回も1日後ではセアカヒラタゴミムシしかいませんでしたが、さらに晴天を1日経てから確認に行ったらいました。
1つのペットボトルトラップで1度に4頭くらいは入るので、まじめに沢山かければそこそこ採れるような気はします。でも設置と回収(特に回収が臭くって)が面倒なので、あまりまじめにやる気はないです。

d0022918_1821149.jpg

ところでウマノスズクサってこれなんでしょうか?
[PR]
by yasuimoebi | 2009-09-18 18:21 | フン虫

ミツノエンマって

 先週はサバが安かったので、嫁様に買わせて私は頭を入手。早速河川敷にトラップとして仕掛けたのだが、結果は大量の蛆虫とコブマルエンマコガネ、少しのルリエンマムシ。本命は一頭も現れず。
 昨年もこの時期仕掛けて全くだめで、9月中旬に掛けたら採れたのだ。夏の虫だと聞いていたのだが、どうも9月のほうが採れやすいような・・・。どうなんでしょ。
[PR]
by yasuimoebi | 2009-08-22 20:46 | フン虫

山登り

今日は有休をもらって山登り。ですが、全く的外れな場所を歩いていたらしく、ほぼただの山散策と終わりました。ただただ足がだるいです。来年もう一度挑戦します。
d0022918_20384886.jpg

白い花を探していたんですが、ポイントを把握していませんでした。
d0022918_20383871.jpg

普通種ではありますが、ちょっと嬉しいクロツブマグソコガネ。新しい糞にはいません。
d0022918_20382494.jpg

なぜかこうゆう動物がけっこういるんです。困ったものです。
[PR]
by yasuimoebi | 2009-05-14 20:42 | フン虫

大黒様

d0022918_23123530.jpg

大物に縁のない私でありますが、今年は運がいいのかも。
やっぱり格好いいですね。大黒様。
[PR]
by yasuimoebi | 2008-09-17 23:13 | フン虫

ヤマトケシマグソ

私の場合、子供が小さいので休日を完全に虫採りに使えるのことはあまりありません。
ですが、今の最大の趣味である虫採りを全くしないとストレスがたまります。
とはいえ、やはりどうせなら採ったことのない虫が採りたいわけです。
不自由なれど、既採集の普通種では満足できないのは、趣味なればこそであります。

そこでどうするかというと、ポイントに家族を連れて行ってちょこっと活動するわけです。
同じような境遇の人は多いでしょうが、これは採集の力量が問われます。
下手くそな私の場合、多くはトラップでお茶を濁すことになるわけです。
でもこれは最低2度同じところに行く必要があるので、家族には不評なのが欠点です。

さて、本題。
今日は家族を連れて伊勢湾の海岸に行ってきました。潮干狩りじゃありません。
子供には砂遊びをさせておいて自分は海浜性のマグソコガネを採ろうという作戦です。

街中は暑いですがこの時期の海岸は涼しいので、気持ちよく昼食をすませたあとに時間をもらう予定でしたが・・・。ちょっと予想以上に風が強いです。
これじゃあマグソも飛ばないのでは・・・。

何とか食事をすませて、すかさず砂浜を彷徨います。
群飛が見たかったですが、この天候では無理でしょう。ならば流木の下ですかね。
イザナギさんのように華麗に採るイメージで探しますが、

おい! 誰だ流木集めて遊んでんのは!



わけのわからん集団が流木を集めて肉焼いてます。
いきなり出鼻をくじかれますが、仕方ないのでしょぼい流木やらをひっくり返しますが、ハサミムシしか居ません。大きい木はないですが、松の皮がやたらと多いです。
それを一つひっくり返したら、何やら黒くて光るものが。
d0022918_22325429.jpg


いたあ~。とりあえず居るのは確認できました。いや、羊さんのところでラベルを見たので居るのは知っていましたけどね・・・。自分で採るのに意味があると信じたい。
いや、こんな場所の砂浜です。いつ開発されるかわかったもんじゃありません。今日も虫がいることを確認したのことに意味があるはず・・・。


え?そうです。1頭しか採れませんでした。
悪かったですね、下手で。
[PR]
by yasuimoebi | 2008-05-18 22:37 | フン虫

奈良公園

今日は京都府某所に羽毛をかけた後、奈良公園に移動。
さわやかな天気で、大勢の観光客の歩くわきをこそこそと。
目当てのチビコエンマはたったの一頭。ナガスネエンマが圧倒的に多い。
で、疲れたのでルリセンチを観察しておりました。
d0022918_2273468.jpg

塚本先生の本の通り、引きずるんですね~。見ていて飽きないです。
[PR]
by yasuimoebi | 2008-04-27 22:08 | フン虫

ヘリトゲコブスジコガネ

d0022918_22482331.jpg

羽毛トラップを掛けてから3週間。
気温のせいか、羽毛がちょうどいい状態になったためか、その両方か。
先週は何もいなかったトラップからぽろぽろとヘリトゲコブスジコガネが出てきてくれました。
羊さんに教えていただいたポイントとは言え、初めてのTroxは格別です。
[PR]
by yasuimoebi | 2008-04-13 22:50 | フン虫

大きい砂場

先週は長女が突然インフルエンザにかかって土曜日に行くはずの採集は延期。
ところがあっという間に症状はなくなり、今日は出かけたいと言う。
なので大きい砂場に行こうと子供をそそのかし、祖父江に家族で出かけた。
d0022918_2134489.jpg

娘二人は一面の砂場に大喜び。転んでも痛くないので親も安心。
で、私は子供と砂遊びをしているふりをして篩いを少々。今シーズンの目慣らしである。
なかなか思うようには虫が出てこない中、ようやく怪しい黒い粒を発見!
ところが次の瞬間、次女が乱入!うわぁー。でも運よく再発見。
d0022918_21361786.jpg

何とか3頭を見つけて後は子供と遊んでいました。

それにしても暖かいね。今日はモンシロチョウ、キタテハなんかも見つけることができました。
[PR]
by yasuimoebi | 2008-03-16 21:39 | フン虫

近畿のもう一つの黄紋エンマ

 この土日は嫁様が大阪のお友達のところにお泊りということで、これはチャンスと言うことで自分は少し足をのばして姫路に遠征。狙いはもちろんミツコブエンマコガネ。午前中に遊んでいたら大阪に着いたのが午後3時。あわてて姫路に向かう。幸いにも道路は空いていて何とか明るいうちに姫路着。さっそく河川敷をうろつく。犬の散歩をしている人は多いけど、糞はどうかな?
 やや暗いこともあってなかなか見つからない。そしてとても涼しい・・・というより寒い。1kmほど歩いてようやく絶好と思われる犬糞を桜の木の下に発見。ぽろりとそいつは現れた。先日羊さんのところで標本を見て予習はしていたが、思っていたよりも大きい。嬉しい。さらに階段の上に妙にほぐれた犬糞を見つけたのでひっくり返してみたら2頭出てきた。う~ん。こんなコンクリートの上にいる糞虫なんて家の前のコブマルみたいだ。
 いよいよ暗くなってきて終了時間が近づく。来た道を少しコースを変えて戻る。ふと気づくと芝生が不自然にひっくり返された場所がある。根堀でつついてみたら犬糞を埋めた跡であった。ここから一頭追加。なるほど、一見糞を始末してあるように見えて、実は埋めてあるのだ。こんな跡は意外と多かったが、虫は追加できなかった。やっぱり寒すぎるのかも。
 朝の最低気温は10℃を割ったとかでかなり寒い思いをしながら車中泊。午前中が勝負だが、今日は暖かそうだ。少し移動して別の川に。犬糞が多くてぬか喜びをするが、コブマルしかいなかったので、下流に移動。今度は糞が見つからない。が、割と新しめの糞から何とか一頭。
d0022918_22334647.jpg

名前のとおりの三つのコブと小さな角がかっこういい!
だがイモな私にはここでは追加ができそうもないので、昨日の河川敷に移動。
昨日と反対側の岸を歩く。糞はあるが、どうも今ひとつ。何とか5頭採集して車を止めた場所にもどってきた。このまま帰るのも何なのでもう少し粘る。と、ぺちゃんこになって土に半分埋もれた犬糞を発見。これをひっくり返したら3頭見える。さらに土を掘ったら2頭。
 これでまあ満足して帰途に。
 だがまだ日が高かったのでついつい奈良に寄り道。糞を引きずって後ずさるルリセンチを見て、ナガスネエンマをちょこっと採って帰りました。
d0022918_22384261.jpg

 そういえばミツコブの河川敷に馬糞トラップらしきものがあったが、馬糞でも来るのかしら?
[PR]
by yasuimoebi | 2007-10-21 22:40 | フン虫